閉じる

アルプス中央信用金庫

M&Aについて

M&Aについて

M&Aとは?

M&Aとは「Merger and Acquisitions」の略称です。
直訳すると「合併と買収」という意味ですが、通常は企業全体の合併・買収だけでなく、営業譲渡や株式譲渡、資本提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われます。
すなわち、自社に不足している経営資源(ヒト、モノ、カネ、技術、情報など)を補うために、あるいは事業の再構築やリストラを行うために、経営権や事業資産を譲り受けたり、譲り渡したりすることをいいます。

M&Aは中堅・中小企業にとっても有効な経営戦略です!

ここ数年、有名企業の大型M&Aが新聞紙上を賑わしておりますが、M&Aはこうした華々しいものだけではありません。中堅・中小企業にとって、経営者の世代交代を円滑に行うことは極めて重要な課題ですが、中小企業のオーナー経営者は次のような問題を抱えてはおりませんか?

  • 子供や親族は事業を継ぎたがらないし、他に後継者も見当たらない
  • 自分の年齢を考えると、会社を支えていくのは難しいかもしれない
  • 万が一、会社を清算・廃業した場合、借入金の返済はどうすればいいのだろう‥ それに従業員の雇用も心配だ

こうした事業継承問題を解決する有力な方法のひとつとして、第三者への事業承継、すなわち『M&A』が注目を浴びております。

中堅・中小企業におけるM&Aのメリット

◆売手側のメリット

  • 後継者問題が解決し、会社が存続する
  • オーナー経営者のハッピーリタイアメントを実現できる
  • 従業員の雇用が継続される
  • 資本参加による会社の安定と発展の可能性 など

◆買手側のメリット

  • 新規事業参入や事業拡大にかかる時間の短縮
  • 既存の販路、生産拠点の獲得によるマーケットシェアの拡大
  • 優秀な人材やノウハウの獲得
  • 新規事業参入に際してのリスク軽減
  • 合併による株式公開への近道 など

「あるしん」は中堅・中小企業のM&Aをサポートします

 あるしんでは、こうした悩みを解決するために、信金キャピタル株式会社(信用金庫のセントラルバンクである信金中央金庫の100%子会社)と共同で、M&Aに関する相談業務を実施しております。経験豊富な専門スタッフを配している信金キャピタルに取り次ぐことにより、全国ベースでの相手企業の発掘・ご紹介をすることができます。
秘密保持と情報管理には万全を期しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくは、お近くの営業店窓口までおたずね下さい。

専門スタッフによる
ローン相談を承っております。
実施日程をご確認ください。

ローン相談会

資金計画の目安として
各種試算が出来ます。

ローンシミュレーション

お問い合わせ・お申し込みなど
お近くの あるしん までお気軽に
ご来店ください。

店舗・ATM